ミセスBってどんな紙?使い道は?

1 min 4 views
ヨシノ

ヨシノ

柴犬2匹と暮らす傍ら札幌の印刷会社で営業をしています。

「高級そうな質感のある紙」を使いたいという人にオススメするのがミセスBです。その名前をよく聞く特殊紙ではありますが、一体どのような紙なのでしょうか。

ミセスBとは?

ミセスBはラフな紙の質感でありながら、印刷面はグロス感のある仕上がりとなる、ラフグロスシリーズです。ヴァンヌーボなどと同系統となります。

色のパターンは以下の三つで上から白色度が高い順となります。

ミセスB スーパーホワイト
ミセスB ホワイト
ミセスB オフホワイト

紙の厚さは90㎏~180㎏までとなります。

ミセスBの特徴は?

上品で、色が沈まない、印刷適正のある紙です。用紙のラフさ、ひっかかりについては、一緒に名前が出ることの多いMrB(ミスターB)よりも抑えられています。

ヴァンヌーボと比べても繊細な手触りで、印刷ののりも少し良いかもしれません。

高級感を出したいカタログであったり、より印刷表現を重要視したいフライヤーなどに使うと良いでしょう。

ミセスB スーパーホワイト
ミセスB ホワイト
ミセスB オフホワイト

ミセスBの価格は?

ヴァンヌーボの1.1ない程度となりますので、特殊紙としては一般的な価格帯と言えるでしょう。

ミセスBを使う上での注意点は?

ラフ感がある用紙ですので、やはり印刷の渇きには要注意でしょう。

価格もそれなりですので、大ロットなどに使用するのは難しいかもしれません。

また、ヴァンヌーボVのように200㎏台の厚さが用意されていませんので、紙厚を必要とする、表紙であったりポストカードであったりには使いにくいかもしれません。

さいごに

MrB同様に良く名前を耳にする特殊紙の代表格です。印刷表現に定評がありますので、予算がある方は、使ってみることをお勧めします。

 

ヨシノ

ヨシノ

柴犬2匹と暮らす傍ら札幌の印刷会社で営業をしています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。